血管異型性? 早期大腸癌の可能性?

血管の形成不全か? と思ったのですが・・・
色素散布とその後の観察で早期の大腸癌の可能性がゼロではないと判断しました。

このような血管が多い部位での生検はあとで出血が続くことがあるので要注意です。

本当はクリップをかければ安全性は高いのですが、もし本当に早期大腸がんだったりするとその後の粘膜切除がうまくできなくなりますので避けたいところです・・・

難しい選択です。

あとは患者さんの年齢その他で決定するしかありません。

コメントは受け付けていません。