消化管アレルギーの診断と治療

診断と治療
アレルゲンとなる食物摂取後2時間以内に症状が出現することが多いため、摂取した食物と上記の臨床症状の関連を問診などで詳しく調査することが重要である。他のアレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息)の有無も診断に重要である。実際にはアレルゲンとなる食物を見つけだすのは容易ではなく、除去試験や誘発試験が診断的に有用である。アレルゲンと推定された食物を除去した食物で症状が消失するか、その食物を摂取させ症状が出現するかを確かめる試験である。アレルゲン検出のために皮膚試験やRAST(radioallergosorbent test)を施行する場合もある。
慢性の経過をとる場合が多く、アレルゲンとなる食物が確定したら、その食物を除いた食事を摂取させる。実際には、食物除去には労力を要するうえ、幼・小児の場合には栄養面の問題もあり、因果関係が明確な場合に限る。抗アレルギー薬による治療は有用であり、特に原因となる食物が複数あるときや特定できないとき、除去が困難なときに使用する。重症例やアナフィラキシーショック時には副腎皮質ホルモンを用いる。幼・小児に多い牛乳や鶏卵への食物アレルギーは年齢とともに改善する場合が多く、食物除去で苦労している親に知らせておくことは大切かもしれない。これに対して魚介類やナッツなどに対するアレルギーは消失しにくいと考えられている。

診断と治療

アレルゲンとなる食物摂取後数時間以内に症状が出現することが多いようです。

食べた物と症状の関連を詳しく確認する事が大切になります。

他のアレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息)の確認も診断に重要となります。

原因となる食物を見つけだすのは大変で、除去して症状の確認が必要になります。

医学的には誘発試験が極めて有用ですが、現実問題として試して重大な症状のため命の危険もありえる為、実際に誘発試験を行うことは倫理上極めて重大な決定が必要になります。

アレルゲン検出のために皮膚試験やRAST(radioallergosorbent test)を施行し補助検査とします。

いずれの検査も陰性だから原因にならないとも言えませんし、陽性だから原因だとも断定はできません。

原因として考えやすい(推定するに可能性が高い)・・というニュアンスになります。

症状は慢性の経過をとる場合が多く、もしアレルゲンとなる食物が確定したら、その食物を除いた食事を取らせることになります。

しかし実際には、食物除去は大変です。

労力を要するうえ、幼・小児の場合には栄養面の問題もあり、因果関係が明確な場合に限るべきですし、除去した食べ物に変わる栄養品を見つけて補充する必要があります。

場合により薬でビタミンなどは補充する事もあります。

抗アレルギー薬による治療は有用な場合が多々あり、原因となる食物が複数あるときや特定できないとき、除去が困難なときに使用する事が多いです。

重症例やアナフィラキシーショック時には副腎皮質ホルモンを用いますが呼吸困難が起こるような重症例は誘発試験は施行する場合は大きな注意と緊急事態が発生した時に対応出来る医療施設で行うべきです。

幼・小児に多い牛乳や鶏卵への食物アレルギーは年齢とともに改善する場合が多く、重症でなければある程度大雑把に対応することも親の精神的な苦労を考えると大切な事と考えられます。

これに対して魚介類やナッツなどに対するアレルギーは消失しにくいと考えられていますし、血液検査なども完全にはあてにならないような印象です。

 

コメントは受け付けていません。