扁平ポリープ・陥凹がある場合は悪性化しやすい

ポリープが出来易い方は毎年ポリープを切除していても次回の大腸内視鏡検査でまたポリープが見つかることが多いです。

このような方の場合は全くポリープが発見されなくなるまで反復して大腸内視鏡を行うしかありません。

このような状態をクリーンコロンという方もおられます。 

souki-daichou-ca1.JPG

 

souki-daichou-4.JPG

空気量を減らすとかなり隆起が分かります。

空気をぱーんと入れると正確な形態を把握出来ない場合もあります。 注意が必要です。

souki-d.JPG

出血が少ない方が良いのでクリップをかけます。

しかし、クリップが便がたくさんあればとれてしまいます。

souki-daichou-6.JPG

この方の場合はかなり癌に近い腺腫でした。

 ///////////////////////////////////////////////

コメントは受け付けていません。