屈曲が多いと空気を入れないようにしないと挿入しずらい

屈曲が多い患者さんの場合は空気をたくさんいれるとかなり手こずります。
この患者さんの場合は入りにくい事が分かっていたので空気を少なくして挿入しました。
しかし、普通の方が見てもなにをどうしているのか? わからないと思います。

大腸内視鏡検査をうまくなりたいと思っている初心者の医師がみると役立つかも?
自分の大腸内視鏡検査は上級者がわざわざ見るほどは上手ではありません。

本来の自分の挿入は挿入時にある程度の空気をいれてふくらませて見逃しを少なくする・・・方針なのですが、入りにく患者さんはこの空気をある程度いれてよく観察していると・・・挿入自体が不可能になる場合があり・・・選択が難しいところです

コメントは受け付けていません。