ベーチェット? 単純潰瘍?

画像はかなり前のものでよくないです。 が自分でもっている画像はこれしかありません。

そんなに多くない病態だと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

回盲部(回腸・・・小腸の下の方 と盲腸のあたりの事)に大きな潰瘍ができることがあります。
この場合、とくに何もない場合は昔は単純性潰瘍と言っていました。
いまは病名変わっているかも・・・こんど調べて更新します。
追)調べました。やはり昔のままかもです・・・

回盲部に好発する原因不明の打ち抜き潰瘍で、組織像はちょうど腸管ベーチェットの潰瘍に同じ非特異的炎症です。多くは単発性ですが、ときに多発します。

腸管ベーチェットの一つの亜型かどうか、なお意見が分かれています。

そして

ベーチェット病という難病があります。
口腔粘膜の再発性アフタ性潰瘍
外陰部潰瘍
眼症状
   (a) 虹彩毛様体炎
   (b) 網膜ぶどう膜炎(網脈絡膜炎)
眼症状 
   (a) 虹彩毛様体炎 
   (b) 網膜ぶどう膜炎(網脈絡膜炎)
を主要症状とする難病です。
この病気に特殊なタイプがあります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 特殊病変 
(a) 腸管(型)ベーチェット病―腹痛,潜血反応の有無を確認する。 
(b) 血管(型)ベーチェット病―大動脈,小動脈,大小静脈障害の別を確認する。 
(c) 神経(型)ベーチェット病―頭痛,麻痺,脳脊髄症型,精神症状などの有無を確認する。 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
この病気で(a)の場合の区別が大変難しい場合があります。

 

 

 

コメントは受け付けていません。