わかりにくい平坦ポリープ

平坦なポリープです。  ぱっとみてもわかりにく・・・

よーく観察しないとわからないような平坦で同系色のポリープです。

このポリープは形、陥凹なし・・などからおそらく良性は間違いないと思いますが、このようなポリープをキチンと見つけて作業 (生検鉗子を自由にコントロールしてキチンと一部分をとって検査に提出すること) などを反復してでいきるようにする必要があります。

・・・でないといざ重要なポリープを発見して切除しようといしても操作に時間がかかったりして正確にキチンをポリープを切除できなかったりするものです。

ただポリープはいつもあるわけではなく・・・

自分の場合はこのようなポリープを切除する場合に敢えて難しい条件にして手技を向上できるような工夫をしていることがあります。

もちろん患者さんがまっていたりする場合はできませんが・・・時間的な余裕がある場合は、訓練とおもってしています。

コメントは受け付けていません。